top of page

不倫に侵されている奴等の夏季休暇を過ごし方

不倫が進行中であれば、二人で会う時間をいかに作る事ができるか。

不倫である以上、必ず、どちらかには家族がいる。

子供がいれば、夏休みの真っ最中であり、家族での計画も控えている。


二人で密会できる時間をどうやって作り出すのか。


休日出勤のある仕事ならば、仕事と称し、いつも通りに出勤し、

そのまま不倫相手と合流し、終日ラブホで過ごす。


普段から妻にも仕事の話をしたり、自営業で一緒にいる時間が

比較的多い場合、夏季休暇直前・直後に休暇を跨いで出張や会合と称し

小旅行を計画したり、外泊をしたりする。


さらにチョコチョコと家庭の用事だと出かけ、40分・1時間と帰宅しない。


密会時間10分・片道15分のコンビニ通い休暇中、実に8度も繰り返し

部活帰りの息子に密会を目撃されたなんてケースもある。


バレるかスリルを楽しみ、密会の口実を作る事が不倫に侵されている奴等の

休暇の過ごし方の一つ。


夏休みの子供の世話に追われ、気づいたら、休みのはずの不倫夫は。。


なんて事にならないように。


閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示

同じ境遇の二人のサレ妻、第四章 サレ夫の反撃、選択が違うと希望通りには

前記事はここをクリック サレ妻の申し出を受け入れ サレ夫は、調査報告書を持参した 揃ったところで、用意した資料4部を テーブルに置いた 依頼者から開示する事は容認されて おりますが、配布の必要はないと 考えます また、顧問弁護士にも確認しま したが、説明するのはこの内容に ついてのみです 日付と時間が記載された不倫夫と 不倫相手の顔画像をそれぞれに 確認し、その配偶者にも確認を 行なった 庁舎から

同じ境遇の二人のサレ妻、選択が違えば第二章

前記事はここをクリック 不安な中、自宅へ向かうサレ妻 途中、買い物や銀行などを済ませ、 帰路に着いたのは夕飯の支度前の時間だった 帰宅したマンションの駐車場には 不倫夫の車がない、帰宅していないのか 玄関に帰宅した様子もなく、 部屋の灯りが見えず、リビングをにも 人の気配もない サレ妻はリビングの灯りをつけて思わず 『あ!』と声を上げた スマホを繋ぎっぱなしで、 自宅に入っていた為にその驚いた声は

不倫夫が不倫相手から逃げて

前記事はここから 居住先は判明し、一緒に女性といる 事は確認したが、居住しているとは 考えられないとの事。 女性には家族もあり、夫もいる。 数少ない豪邸に住んでいる不倫女性B 報告を受けた 依頼者である不倫女性Aの 反応は予想通りだった。 その場所を教えなさい! まだ居住地が判明しただけで詳細が 無いままの調査。 調査会社としては判明させるには 少し日数を必要とする。 いいから、その場所を教えなさ

Kommentare


bottom of page