不倫を成就させる芸能人

不倫発覚から、5年の歳月をかけて、離婚に向けた話し合いの末、

離婚が成立した。


不倫されたサレ妻が、

抵抗するのもここが限界、有責配偶者である不倫夫から

離婚請求が認められる5年。


この5年の間に不倫を成就させる事が、不可能だと思い知らせて

あげなければ、サレ妻の戦いは徒労に終わる。


元SPEEDの今井絵里子・キョンキョンこと小泉今日子and豊原 功補、


彼らは、不倫を成就させた勝ち組なのだ



5年の歳月、サレ妻が、弁護士にどんな依頼をしたんだろう。


金銭的な解決のみだったのか、妻としてのプライドはあったのか


抵抗する方法も、


『有責配偶者からの離婚請求を棄却させる』


という手段を使い、芸能ネタにリークする。



一芸に秀でた芸能人には、俳優として、長年の功績を認められ、

叙勲される俳優も存在する。


芸に秀でていても家庭は、崩壊し、婚姻して以降、一度も

夫婦関係がなく、生活費も入れない。


外面が良く、夫婦仲はよく見せる事が上手く、これまでも

リークされる事なく、過ごしてきた仮面夫婦も多々いる。


そうかと思えば、幼い頃から、スポーツ選手として日本中から

注目を集め、国際結婚したものの、夫のパワハラに悩み、

不倫を仕掛け、自ら芸能ネタとして、リークを疑うような根回しを

考えた女性も。


如何にして、離婚するか、不倫を成就するか、芸能人も一般人も

不倫脳に犯された者は皆同じ思考回路なのかも知れない。

52回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

離婚を決めるのは・・

ある裁判官の判決を踏まえ、 これほど、裁判官によって判決の可否が違う 「別居」は夫婦破綻の要因ではない。 最高裁の判例として、必ずしも要件として 別居を要求をしているのではないが、特に 『家庭内別居』などもあり、 明確にすることはできないとしている。 また、冷却期間のための別居については 婚姻関係の破綻を認めていない 東京地裁の判例もある。 だとするならば、 夫がラブホテルから出てくるのを激高し、

不倫している自覚がないパパ活女子

既婚者と性的関係を継続して行う事はその配偶者にとっては、 その行為自体が不貞行為である事は紛れもない事実。 パパ活とは、 『パパと呼ばれる男性と食事やデートなどを行い、 金銭的授与を受けることを指す。 実態は必ずしもそうではないが、 基本的に“性的関係を前提としない”とされている。』 『実態は必ずしもそうではない』、つまり、実態は殆どが 性的関係を前提ではないにしろ、目的としているという解釈。 例

サレ妻の要求、マルチに叶えるのは弁護士なのか

夫の不倫、サレ妻の要求の全てに応える事が、弁護士には可能なのか? 答えは、残念ながら NO ! どんなに最強の弁護士でも、法廷内の事は、最終的には裁判官の判断であり、 いかに、委任者であるサレ妻の主張に法という根拠を、肉付けして 武装できるかが、弁護士の腕の見せ所 例えば、サレ妻が、 『不倫相手に慰謝料を請求したい』 『不倫相手に慰謝料〇〇万円を請求したい』 これは、弁護士もYESと応える しかし