不倫夫が不倫相手から逃げて

前記事はここから


居住先は判明し、一緒に女性といる

事は確認したが、居住しているとは

考えられないとの事。


女性には家族もあり、夫もいる。

数少ない豪邸に住んでいる不倫女性B

報告を受けた

依頼者である不倫女性A

反応は予想通りだった。


その場所を教えなさい!

まだ居住地が判明しただけで詳細が

無いままの調査。

調査会社としては判明させるには

少し日数を必要とする。


いいから、その場所を教えなさい!

と譲らない不倫女性Aに調査会社は

調査の終了を宣言した。


この依頼者、暴走しますよ。


させれば?説得しても聞かないなら

行かせるしかないから


調査会社から不倫夫?の居住地を

聞き、その場所では待ち伏せしている

と連絡を受けたのはわずか数日後だった。


あの調査会社、嘘を言っている!

昨晩から帰宅もしていない。

それに相手の女性の自宅は確定して

いないから教える事はできないと。



正論でしょ、勤務先も相手の家族も

未確認で突っ走ってギャンギャン

言うのはおかしいでしょ?


そのまま待っていれば?

少し、冷静になっては?


連絡を受けてから2時間後、


今日は帰る事にします。

調査会社に連絡取れますか?


興奮して舞い上がって

キャンセルして

『ごめんなさい』って・・



だって予想の範疇だろ。


調査会社はそのまま調査を

継続しており、

この日は近隣ではあるが3交代制の

勤務の為、社員寮に宿泊していた。


ほぼ勤務先も確定してますが、

どうも社員ではなく下請け専門の

ような感じですな。


不倫女性Bの情報も収集できた。

再婚して今の居住地にいるが夫婦間に

子供はなく、学習塾を別棟で行って

いる夫の連子。


調査会社から

暴走したいならどうぞ、以降は協力は

しません。

ご主人?の勤務先は確定ではなく、

あちこちの下請け業者のようです。



もう本当にそれで十分です。

これから移動して今度は焦らずに

待ってみます。




https://fuufu-labo.amebaownd.com/pages/5857899/blog

続きは


閲覧数:1,272回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不倫夫にとって、全てが暴露されては どちらにも言い訳どころか恨まれるだけ。 前記事はここをクリック お前、どうしてそこに居るんだ! 私がどこに居て誰と話そうが、 今の貴方に 言えることではないでしょ。 全部バレちゃったわね? 私、いつ離婚に同意して、夏休みは 誰が 離婚旅行だと決めたの? 熱海も出張だったの、私と。 とにかくその場から離れろ、 余計な事は口にするな。 貴方にとって暴露されたら都合の

前記事はここをクリック お宅、どなた? ・・・・ これは、主人のパソコン、そして 背後にあるのは、 保管庫にあったホイルとタイヤ。 何故、ここにあるわけ? ご主人に聞いて下さい。 ご心配には及ばない。 そこに現れたのミニパトカー。 二人の警官がレンタカーに 近づいた頃、 大学生ふうの男性が、タイヤを 持って現れた。 男性にも事情を聞き、ようやく 降りてきた不倫夫。 激昂しようにも目の間には 警官が

大手と呼ばれ、老舗と呼ばれる 調査会社が遂に内部分裂しました。 多くの支店を持つ調査会社。 その実態の多くはフランチャイズ化しています。 そんな中にはこんな呆れた実態の調査会社も ある事をご存知でしょうか? フランチャイズ化していても調査力までが 同じというわけでないのが、調査会社の悲しい実態。 業界でも大手であり、老舗店舗でもある 北関東にある会社、長きに渡りその高額料金に見合う 調査力の高さは