不貞と自己愛性パーソナル障害

不貞夫が、以下の項目に当てはまるかどうか。

  • 人より優れていると信じている

  • 権力、成功、自己の魅力について空想を巡らす

  • 業績や才能を誇張する

  • 絶え間ない賛美と称賛を期待する

  • 自分は特別であると信じており、その信念に従って行動する

  • 人の感情や感覚を認識しそこなう

  • 人が自分のアイデアや計画に従うことを期待する

  • 人を利用する

  • 劣っていると感じた人々に高慢な態度をとる

  • 嫉妬されていると思い込む

  • 他人を嫉妬する

  • 多くの人間関係においてトラブルが見られる

  • 非現実的な目標を定める

  • 容易に傷つき、拒否されたと感じる

  • 脆く崩れやすい自尊心を抱えている

  • 感傷的にならず、冷淡な人物であるように見える

これらは、自己愛性パーソナル障害(NPD)に見られる症状だが、

いくつ当てはまりますか?

閲覧数:107回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不倫が進行中であれば、二人で会う時間をいかに作る事ができるか。 不倫である以上、必ず、どちらかには家族がいる。 子供がいれば、夏休みの真っ最中であり、家族での計画も控えている。 二人で密会できる時間をどうやって作り出すのか。 休日出勤のある仕事ならば、仕事と称し、いつも通りに出勤し、 そのまま不倫相手と合流し、終日ラブホで過ごす。 普段から妻にも仕事の話をしたり、自営業で一緒にいる時間が 比較的多

日時指定の不倫調査 依頼者にとって、 その調査が不利益だと言うことを 気づかないのは… それだけその調査会社の 相談員の営業力が優れている? それとも サレ妻の焦りを誘発し煽っている? だけのこと。。 オタクのような調査をする会社は 経営として、成り立たない。 赤字になると探偵業界の重鎮 泣きを見る相談者を1人でも減らしたい!! これじゃ、理由にならないのか・・ 例えば、日時指定の調査会社に委託し

ある裁判官の判決を踏まえ、 これほど、裁判官によって判決の可否が違う 「別居」は夫婦破綻の要因ではない。 最高裁の判例として、必ずしも要件として 別居を要求をしているのではないが、特に 『家庭内別居』などもあり、 明確にすることはできないとしている。 また、冷却期間のための別居については 婚姻関係の破綻を認めていない 東京地裁の判例もある。 だとするならば、 夫がラブホテルから出てくるのを激高し、