調査会社のトラップ(罠)


日時指定の不倫調査

依頼者にとって、

その調査が不利益だと言うことを

気づかないのは…

それだけその調査会社の

相談員の営業力が優れている?

それとも

サレ妻の焦りを誘発し煽っている?

だけのこと。。

オタクのような調査をする会社は 経営として、成り立たない。 赤字になると探偵業界の重鎮

泣きを見る相談者を1人でも減らしたい!!

これじゃ、理由にならないのか・・

例えば、日時指定の調査会社に委託し、

不倫夫と不倫相手がそろそろホテルから

出てくる直前で契約時間が終了。

再契約も同じように日時指定。

固定化された時間(30〜100時間)を

消化する契約を委託する。

するとその2時間後、

不倫夫と不倫相手がホテルから

出て、調査は終了だと報告を受けた。

たった2時間の為に。。

もちろん、契約が遂行され、

複数回の不貞の証拠も

相手の身元も判明。

残された時間では、追加調査をするには

時間が足りないんです。

調査会社としては

時間を加算し追加契約し、

調査目的である不貞の証拠は完遂。

ところが…

調査が終わり、報告書を受け取り、

弁護士に相談したところ

訴訟するには不足な資料がある為

再調査を打診される。

すると、

不倫の証拠を撮るのが目的であり、既に

証拠としては完遂し、調査報告も

行っている為、別料金ですと調査会社。

不足分は別料金!

定められた時間に終了するならば、

明確な料金であるが、

指定した時間も日にちも

わからないから依頼するサレ妻次第

調査会社にすれば、密会がなくても、

全てはシロートのサレ妻の責任であり、

調査費用の持ち出しすらない。

不倫相手の住居が判らなければ、

不倫相手に訴訟提起すらできない。

日時指定の調査会社ならば

ここでもその料金体系の効力を発揮する。

わからないから依頼するサレ妻

不倫相手のマンションの部屋番号を

判明させようと指定された日時に

何度も時間消化をさせる。

既に不貞の証拠は数回撮れている。

でも、訴訟提起はできない。

追加調査の調査時間終了が

迫っていてもここで終了しては

何のための委託か分からない。

時間が不規則な不倫相手ならば、

不倫の証拠を抑えるよりも日時がかかり

遂にはサレ妻が調査費用を捻出できずに

リタイアなんていう事がザラにあるのが

日時指定の不倫調査

なのだ。

不倫相手の事は 勤務先も判らなければ、 住居も大体しかわからない。

同居人もいるのかどうかも。

もしかして、子供がいる? 既婚者だったり? こうなれば、 日時指定をする不倫調査をする 調査会社にとって 日時指定をする不倫調査

終わりの見えない調査をするようなもの 調査の終了する頃には、 サレ妻の財布の中身がなくなっている

そんな調査、サレ妻の為にはならない 勿論、不倫相手の情報が過去にもあって 不倫相手の氏名 不倫相手の勤務先・所属先・勤務形態 不倫相手の居住先・部屋番号 不倫相手


判明しており

さらには不倫夫の直近2週間の24時間の行動が 把握できているならば、

日時指定の不倫調査 サレ妻の期待通りの結果が得れる可能性は

高いのだが・・ サレ妻に有益な調査とは…



どんな調査なのだろうか


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不倫が進行中であれば、二人で会う時間をいかに作る事ができるか。 不倫である以上、必ず、どちらかには家族がいる。 子供がいれば、夏休みの真っ最中であり、家族での計画も控えている。 二人で密会できる時間をどうやって作り出すのか。 休日出勤のある仕事ならば、仕事と称し、いつも通りに出勤し、 そのまま不倫相手と合流し、終日ラブホで過ごす。 普段から妻にも仕事の話をしたり、自営業で一緒にいる時間が 比較的多

ある裁判官の判決を踏まえ、 これほど、裁判官によって判決の可否が違う 「別居」は夫婦破綻の要因ではない。 最高裁の判例として、必ずしも要件として 別居を要求をしているのではないが、特に 『家庭内別居』などもあり、 明確にすることはできないとしている。 また、冷却期間のための別居については 婚姻関係の破綻を認めていない 東京地裁の判例もある。 だとするならば、 夫がラブホテルから出てくるのを激高し、

既婚者と性的関係を継続して行う事はその配偶者にとっては、 その行為自体が不貞行為である事は紛れもない事実。 パパ活とは、 『パパと呼ばれる男性と食事やデートなどを行い、 金銭的授与を受けることを指す。 実態は必ずしもそうではないが、 基本的に“性的関係を前提としない”とされている。』 『実態は必ずしもそうではない』、つまり、実態は殆どが 性的関係を前提ではないにしろ、目的としているという解釈。 例