離婚までの道程、建前と本音 Ⅰ(協議離婚)


離婚にも色んなパターンがある。

夫婦もしくは、その家族・親戚などが話し合って合意するのが、『協議離婚』

公表では、離婚する約8割以上の夫婦が、『協議離婚』だとされているが、

実際に当研究所へ来所する離婚相談者においては、その割合が一変する。



来所する3割程度しか、『協議離婚』が成立しない。


その理由は、結婚時とは違う、年齢も経済的にも・・


夫婦として、歩んできた歴史も、そして、子供と言う財産。



91回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

不倫を成就させる芸能人

不倫発覚から、5年の歳月をかけて、離婚に向けた話し合いの末、 離婚が成立した。 不倫されたサレ妻が、 抵抗するのもここが限界、有責配偶者である不倫夫から 離婚請求が認められる5年。 この5年の間に不倫を成就させる事が、不可能だと思い知らせて あげなければ、サレ妻の戦いは徒労に終わる。 元SPEEDの今井絵里子・キョンキョンこと小泉今日子and豊原 功補、 彼らは、不倫を成就させた勝ち組なのだ 5年

サレ妻の要求、マルチに叶えるのは弁護士なのか

夫の不倫、サレ妻の要求の全てに応える事が、弁護士には可能なのか? 答えは、残念ながら NO ! どんなに最強の弁護士でも、法廷内の事は、最終的には裁判官の判断であり、 いかに、委任者であるサレ妻の主張に法という根拠を、肉付けして 武装できるかが、弁護士の腕の見せ所 例えば、サレ妻が、 『不倫相手に慰謝料を請求したい』 『不倫相手に慰謝料〇〇万円を請求したい』 これは、弁護士もYESと応える しかし

慰謝料請求すれば、不貞関係は解消される?

不貞が発覚し、不貞相手に権利として、慰謝料請求する 示談・話し合いで金銭的な決着し、条件面での話し合いが進む 妻側が、要求するのは 金銭以外に今後の不貞関係について。そして謝罪請求。 しかし、謝罪請求については、書面においても記載される事が少ない 記載させる為には、どんな要求をするのか?