不貞をしながら、
サレ妻の名誉・尊厳を傷つけ、
​サレ妻を苦しめる事は罪にならないのか?

夫婦問題LaBoは、

カスタマイズされた

夫婦修復方法を、提案します。

不倫・不貞問題分室​

夫婦修復事例集↓​随時更新1/17

不貞夫50代後半・サレ妻50代後半。

​既に子供達は、それぞれ家庭を持っている。

二人目の娘の結婚式が、終わり、

二人になったある日

​突然言い出した不貞夫の離婚宣告。

家庭の事は、任せっ放し、

散々好き放題の不貞夫が、

​『俺にも自由が欲しい』とひとこと。

離婚を考えたこともあったが、子育ても

片づいて、それぞれ干渉せずに老後を静かに

と考えていた矢先の不貞夫の告知だった。

『あまりにも身勝手な言葉に、一度は同意も

考えたんですが、このままでは、何の為の

結婚生活だったのかわからなくて。

どうせ、離婚にまで至るなら、徹底的に

やろうと決めたんです』

​サレ妻が出した結論は・・

​最終選択はわ・た・し

サレ妻が決心した。

ならば、居るであろう不貞相手に証拠を

突きつけて、謝罪を求め、態度次第では、

離婚までに長い時間がかかることを伝え、

待てるだけの意志があるかどうかを

確かめてやろう。

LaBoの扉を開けたサレ妻は、LaBoから

地域の調査会社の紹介を受け、調査の方法

説明を受けた。

調査方法は『ジグス流』

無制限・追加料金無し・訴訟に必要な情報

の収集まで行うというものだ。

調査の結果が判明するまで、1ヶ月。

その間、LaBoからのカウンセリングが

あり、不安が軽減され、さらに、サレ妻

用にカスタマイズされた修復方法が、

提案された。

そして、調査会社から、調査の完了の報告

があり、その報告には、必要な情報が全て

網羅されていた。

カスタマイズされた修復方法に必要な情報

​全て、そしてLaBoからのその手順も・・

その結果、不貞女性との交渉を実現した

サレ妻。

不貞の事実を突きつけることなく、LaBo

からの指導通りに和解を成立させた。

不貞女性が事実を認め、合意した理由は、

LaBoから提案、調査会社に情報収集させた

不貞女性のプライベート情報によるもの。

不貞女性自ら、不貞夫との関係を断ち切る

ことを本人である不貞夫に書面で伝えた。

一方、LaBoがカスタマイズされた修復方法

によって、夫婦関係については、不貞夫は、

既に不貞女性から、別れを告げられ、その

原因がサレ妻にあるとし、激昂したが、

不貞夫がサレ妻を追求する度に、不貞女性

から、自らの意思である事を告白され、

ついに、サレ妻への疑いの目を抱くことを

断念した。

夫婦関係の修復、リセットはこうして完了

した。

カウンセリング料金

電話相談

60分 15000円

ZOOM面談

60分 18000円

夫婦問題LaBo

(研究所)