サレ妻の要求、マルチに叶えるのは弁護士なのか

夫の不倫、サレ妻の要求の全てに応える事が、弁護士には可能なのか?


答えは、残念ながら NO !


どんなに最強の弁護士でも、法廷内の事は、最終的には裁判官の判断であり、


いかに、委任者であるサレ妻の主張に法という根拠を、肉付けして

武装できるかが、弁護士の腕の見せ所



例えば、サレ妻が、


不倫相手に慰謝料を請求したい』


不倫相手に慰謝料〇〇万円を請求したい』


これは、弁護士もYESと応える


しかし、


不倫相手に慰謝料〇〇万円を受け取りたい



勿論、この〇〇万円が高額だった場合ではあるが、いや、相手の支払い能力を

はるかに超えていた場合、


支払い能力不能が虚偽だと


証明できなければ、

受け取ることは難しい

となる


支払いが可能な提案かどうか、可能にするにはどんな情報が必要なのかを

情報として収集する必要はある



#社内恋愛#夫婦喧嘩#恋愛アドバイザー#離婚#隠し子

#弁護士#離婚調停#離婚カウンセラー#慰謝料請求#夫婦修復カウンセラー#夫婦再構築#不倫#浮気#



閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日時指定の不倫調査 依頼者にとって、 その調査が不利益だと言うことを 気づかないのは… それだけその調査会社の 相談員の営業力が優れている? それとも サレ妻の焦りを誘発し煽っている? だけのこと。。 オタクのような調査をする会社は 経営として、成り立たない。 赤字になると探偵業界の重鎮 泣きを見る相談者を1人でも減らしたい!! これじゃ、理由にならないのか・・ 例えば、日時指定の調査会社に委託し

ある裁判官の判決を踏まえ、 これほど、裁判官によって判決の可否が違う 「別居」は夫婦破綻の要因ではない。 最高裁の判例として、必ずしも要件として 別居を要求をしているのではないが、特に 『家庭内別居』などもあり、 明確にすることはできないとしている。 また、冷却期間のための別居については 婚姻関係の破綻を認めていない 東京地裁の判例もある。 だとするならば、 夫がラブホテルから出てくるのを激高し、

既婚者と性的関係を継続して行う事はその配偶者にとっては、 その行為自体が不貞行為である事は紛れもない事実。 パパ活とは、 『パパと呼ばれる男性と食事やデートなどを行い、 金銭的授与を受けることを指す。 実態は必ずしもそうではないが、 基本的に“性的関係を前提としない”とされている。』 『実態は必ずしもそうではない』、つまり、実態は殆どが 性的関係を前提ではないにしろ、目的としているという解釈。 例