夫婦問題LaBo 開所します。

当LaBoへようこそ。 ここは、

不倫 不貞問題でこれまで持ち込まれた

数々の事例から、その後の顛末までをご紹介。

その後の顛末から、夫婦修復・それぞれの道を

選択したサレ妻の人間模様を事例にて紹介

します。

無論、個人情報などの記載などに配慮し、

酷似する内容についても、考慮しております。

また、探偵や夫婦問題を扱いながら、

違法まがいの行為を行う業者への対策方法を

研究する場として、情報の収集した

内容の一部をご紹介します。

当研究所は、

不倫 不貞問題分室と

探偵 カウンセラー対策室に

分別し、その問題に対応する

コンサルティング業務を行って

おります。

不倫 不貞問題についてのご相談

特にプライベートコンサルタント(個人相談)

を希望される方、

探偵 カウンセラーに対する問い合わせは、 

その調査方法・調査会社の選択基準を精査し、

ご紹介します。

または既に依頼をされ調査報告後の

指針を個人相談希望の方には

コンサルタントが

ご相談を受け賜ります。




閲覧数:101回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日時指定の不倫調査 依頼者にとって、 その調査が不利益だと言うことを 気づかないのは… それだけその調査会社の 相談員の営業力が優れている? それとも サレ妻の焦りを誘発し煽っている? だけのこと。。 オタクのような調査をする会社は 経営として、成り立たない。 赤字になると探偵業界の重鎮 泣きを見る相談者を1人でも減らしたい!! これじゃ、理由にならないのか・・ 例えば、日時指定の調査会社に委託し

ある裁判官の判決を踏まえ、 これほど、裁判官によって判決の可否が違う 「別居」は夫婦破綻の要因ではない。 最高裁の判例として、必ずしも要件として 別居を要求をしているのではないが、特に 『家庭内別居』などもあり、 明確にすることはできないとしている。 また、冷却期間のための別居については 婚姻関係の破綻を認めていない 東京地裁の判例もある。 だとするならば、 夫がラブホテルから出てくるのを激高し、

既婚者と性的関係を継続して行う事はその配偶者にとっては、 その行為自体が不貞行為である事は紛れもない事実。 パパ活とは、 『パパと呼ばれる男性と食事やデートなどを行い、 金銭的授与を受けることを指す。 実態は必ずしもそうではないが、 基本的に“性的関係を前提としない”とされている。』 『実態は必ずしもそうではない』、つまり、実態は殆どが 性的関係を前提ではないにしろ、目的としているという解釈。 例